賃貸住宅の耐震強度は築年数である程度判断できますが、建物の構造や地盤の強弱を考える必要もあります。

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート

地震に強い賃貸住宅を選ぶ

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
東海地震や東南海地震のみならず、日本では大きな地震がどこで起きても不思議はありません。賃貸住宅を選ぶときにも、できるだけ地震に強い物件が良いという人は多いでしょう。建物の耐震性を示す目安として、建築基準法で定められた耐震基準があります。この耐震基準は1981年に大きな改正が行なわれました。

それ以前の耐震基準では、震度5程度の地震で損傷しないことが条件とされていました。しかし1981年以降は、震度6から7の地震でも、人命に危険が及ばない耐震性が求められています。ですから1981年以降に建てられた賃貸住宅ならば、ひととおりの耐震強度があると言えます。ただし、それ以前に建てられた住宅でも、耐震リフォームを行なっていれば、耐震基準を満たしていることがあります。

耐震性を考えるには、築年数のほかに建物の構造にも着目する必要があります。1階部分が駐車場や店舗などになっていると、壁や柱の数が少ないため、地震には弱くなると考えられます。また頑丈なコンクリート造の高層マンションは、地震の被害は受けにくいものの、火災で避難するとき苦労するかもしれません。このほかハザードマップなどで、活断層や地盤の強弱を調べるのも大切です。

おすすめ情報