不動産会社は仲介・代理・貸主の3つの立場で賃貸物件を扱っています。これを取引態様と言います。

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート

知っておきたい賃貸物件の取引態様

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
不動産会社では、賃貸物件を取り扱って契約の成立までさまざまな業務を行っています。一口に物件を取り扱うと言っても、どのような立場でその物件を取引しているのかには違いがあります。これを取引態様と言います。取引態様には、仲介・代理・貸主の3つがあります。どの取引態様で物件を扱うかによって、法律の規制の受け方や契約の成立までに行う実務の流れが変わってきます。また、仲介手数料が発生する取引態様と発生しない取引態様があります。物件がどの取引態様で扱われているのかについては、広告上にも記載されていますので必ずチェックして把握しておくことが大事です。

仲介というのは、不動産会社がオーナーと借り手の間の立場に立って賃貸契約の成立のための業務を行うものです。また代理では、不動産会社は物件のオーナーに代わって入居者を募集したり契約業務を行います。仲介と代理の取引態様は宅地建物取引業法の規制を受けます。この規制により、借主に対する重要事項説明の義務も負います。仲介手数料については、仲介の場合は必要になるのが一般的です。代理は貸主の立場で業務を行うものなので基本的に仲介手数料はありません。一方、貸主の取引態様では不動産会社が所有する物件を借り手に貸すことになります。貸主の形態では宅地建物取引業法の規制は受けず、重要事項説明の義務もありません。また自分の所有する物件を賃貸するので手数料も発生しません。